おいしく晩酌

味の違い

焼酎の味の違いをどう表現するか

お酒には多くの種類があり、ウイスキーにはウイスキーの、日本酒には日本酒にしか出せない味のタイプがあります。
焼酎も人気のあるお酒ですが、原材料の違いによって芋、麦、米や黒糖、さらにはそばやじゃがいもなどの種類に分類されていて、それぞれ違った味わいと香りを楽しませてくれますが、同じ芋、麦といったカテゴリーの中でも微妙な差があります。
それをどう言葉で表現するかは難しいものです。
代表的な表現としては、くせがあるかないか、旨みがあるかないかで区別する方法です。
麦焼酎の場合は香ばしさという表現を使う場合もあります。
また、全般的によく使われる表現としてはフルーティーかどうかという表現方法もあります。
焼酎も飲み慣れてくるといろいろなものにトライしたくなるでしょう。
その時に味の違いを言葉で表現できれば楽しさがより増加するでしょう。
しかし、言葉で上手く表現できなくても舌や脳がおいしいと感じられれば十分かもしれません。

焼酎の分類による味、飲み方ついて

最近お酒への税金も高くなり、手軽に飲めるビールから安くてアルコール度数の高い焼酎へ替えている方も多いと思います。
一言で焼酎と言っても材料の種類や製法によりいくつかに分類できます。
まず材料ですが、有名どころで芋、麦、米があり、珍しいものでしそなどもあります。
芋はほのかな甘みと独特の香りが味わえて、麦は少し辛めのイメージがあります。
また米は少し甘めですが、芋よりもさっぱりしており、女性にもお勧めできます。
製法による分類に関しては、連続式蒸留機で作られる甲類と単式蒸留機の乙類があり、前者は高純度のアルコールができ酎ハイやサワーなどカクテル類によく使用されます。
また後者は材料本来の味や香りを楽しむ事ができロックやお湯割りなどに使われます。
最近ではカロリーの低さにも注目されてダイエット時に飲めるお酒としても評判です。
ただし割る飲みものにもカロリーがあるので、ロックや水、お湯、ウーロン茶などのカロリーが低いものをお勧めします。


おすすめWEBサイト 5選

子供 英会話

最終更新日:2017/11/10

『焼酎 味』 最新ツイート