おいしく晩酌

焼酎にあうつまみ

焼酎に最もあうつまみは何なのか

お酒好きな方のなかで、焼酎が好きな方もおおいのではないでしょうか。
日本酒や洋酒に比べ、消化が早いために次の日にお酒が残りにくく、二日酔いになりにくい傾向が好かれるポイントかもしれません。
また、飲み方も、ストレートやロック、水割りなど、様々なおいしい飲み方がありますので、さらにお酒好きの支持をえています。
そんな焼酎ですが、そのおつまみは一体何が合うのでしょうか。
そもそも独特の臭みがあるものが多いお酒ですから、おつまみは、あまり癖の無いさっぱりしたものがあうと思います。
例えば枝豆などは、塩をきかせれば、どんな飲み方にも対応する万能おつまみです。
また、オーソドックスなもので、出し巻きなども、非常によく合います。
他にも、魚のお造りなどは、そのさっぱりした感じがお酒をぐいぐいすすめてくれることでしょう。
このように、焼酎は、やはり日本のお酒なので、「和食」のさっぱりした味付けが非常によくあいますので、おすすめです。

焼酎の原料に合わせたつまみの選び方

焼酎は比較的どのような料理にも合いやすいというのはありますが、原料によってよりつまみが美味しくなるチョイスの仕方というものがあります。
基本的に泡盛のように古酒には豆腐のように濃厚でクセのあるつまみとの相性がよく、原産が沖縄ということもあるので、ラフテーやゴーヤを使った沖縄料理を中心に豚肉料理などとの相性がいいのです。
また、淡麗ですっきりとした味わいの米焼酎は料理の味を邪魔してこないので、やはり和食を中心に特に刺身との相性がよく、日本酒のおつまみになるようなものであれば基本的に合います。
また、香ばしさやうまみを感じさせながらもすっきりとした味わいの麦焼酎は、料理を選ばないので、風味の濃さを意識して何を選択するかを決めていくのが最適です。
このように、食前や食後というよりは食事の際に飲用するのに非常に適しており、おうちで晩酌しながら楽しめます。
お手頃な値段のものから、蔵がこだわりぬいて造られたものまで様々なものがありますので、相性のいいお酒を選べるのも魅力となっているのです。


『焼酎 つまみ』 最新ツイート